ベイビュー・アセット・マネジメント

ワークスタイル

千代田区一番町──桜の名所として知られる千鳥ヶ淵の傍ら、江戸時代は旗本屋敷が立ち並び、現在は職住一体の緑と坂に囲まれた由緒ある街です。その一番町で、間近に英国大使館、皇居を臨み、向こうには東京の金融・ビジネス街を見渡すのがベイビュー・アセット・マネジメント(以下、「当社」)のオフィスです。日本の四季を身近に感じる、落ち着いた贅沢な環境です。

ロゴマークが入ったBVAM旗(ベイビュー・アセット・マネジメント旗)を目印とする当社オフィスは、5フロアから成り、役職員が快適に働けるよう、ウッドをモチーフに明るく開放的でゆとりあるスペースにデザインされています。機能性を備えながらも洗練された空間、クオリティにこだわるブティック・ハウスらしい佇まいです。

そのオフィスで、出身校や企業、或いは金融経験の全く異なる多様な人材が、これまで培ってきた各々の能力を活かし、抜群のチームワークの下で切磋琢磨しています。少数精鋭を誇る役職員の男女比はほぼ均等、30代、40代という働き盛りの年代をコアとしつつバランスの取れた人員構成となっています。

福利厚生についても、持株会制度、外国運輸金融健康保険組合、東急ハーヴェストクラブ等の充実した内容を有し、オフサイト・ミーティング、年始会、ソフトボール大会への参画等各種社内イベントを積極的に行うことで、役職員同士の親睦を深めています。

当社のパートナーシップの柱の1つとなっているのが、持株会制度です。原則として一年以上在籍し執行役員会で承認された役職員は、当社持株会の一員に加わることができます。“自分の会社である”ことへの自覚と責任、そして誇りを持つ事で高い水準の運用サービスを提供する基盤が、持株会でもあります。

私たちは、「ベイビュー・プロフェッショナル」としての実績を残すために必要な環境を時間をかけ自ら作り上げてきました。「会社の目的=社員の目的」、それが当社のワーキング・コンセプトです。

ページの先頭に戻る