Bayview Asset Management Co.,Ltd.ベイビュー・アセット・マネジメント

デリバティブ取引等の管理方法について

デリバティブ取引等の管理方法

当社の運用するファンドでは、効率的な運用を追求する目的やヘッジを目的として、デリバティブ取引等(金融商品取引法第2条第20項に定める取引(金融商品取引業等に関する内閣府令第130条第1項第8号に定める新株予約権証券、新投資口予約権証券又はオプションを表示する証券若しくは証書に係る取引及び選択権付債券売買を含みます。)をいいます。以下同じ。)を用いることがあります。
当社では、デリバティブ取引等により発生しうる損失を一定の範囲内に収めるために、公募投資信託について、次のような方法でデリバティブ取引等の管理を行っています。

デリバティブ取引等の利用がヘッジ目的であるか否かに関わらず、金融庁告示※における市場リスク相当額の算出方法のうち、標準的方式による市場リスク相当額(デリバティブ取引等による市場リスク相当額のみならずファンド(対象となる公募の投資信託等の信託財産をいいます。)全体の市場リスク相当額をいいます。)の算出方法を参考に用いたリスク量が、ファンドの純資産総額の80%以内となるように管理しております。

[標準的方式]

上記金融庁告示において、標準的方式における市場リスク相当額を、株式リスク、金利リスク、外国為替リスク及びコモディティ・リスクの相当額の合計として定めています。また各リスク相当額については、各投資対象のポジション(持ち高)に、個々の投資対象に対して定められた一定の乗数(例えば株式であれば、一般的には8%、投資対象に大きなウェイトを占める特定の銘柄があれば、さらに加算するなど)を乗じることにより算出されます。

ページの先頭に戻る