ベイビュー・アセット・マネジメント

倫理綱領

投資運用業務は、顧客資産の運用等を通じ顧客ニーズに応えた専門的かつ高品質のサービスを提供する一方で、高度な専門性に対し顧客から信任を得、社会からも期待されている業務です。
当社は、投資運用業務に対するこうした顧客からの信任や社会からの期待に応えるため、一般社団法人 日本投資顧問業協会が定めた、投資顧問業務を行う上での根幹となる倫理綱領を基本として、投資運用業務を遂行することを宣言します。

  1. 受託者責任の徹底

    当社は、顧客からの信任に応え適切に業務運営を遂行するため、受託者責任について再認識し、忠実義務及び注意義務を全うします。そのため、高い職業倫理意識をもって、顧客の利益を自己の利益より優先し、全ての顧客を公平に扱い、細心の注意を払って投資運用業務を運営します。

  2. コンプライアンスの強化

    当社は、コンプライアンスの重要性を再認識した上で、あらゆる法令やルールを誠実に遵守し、また、コンプライアンス体制のより一層の強化を進めます。

  3. ガバナンスの確保

    当社は、受託者責任の徹底とコンプライアンスの強化を図るため、意思決定プロセスや内部管理体制など投資運用業者としてのガバナンスの確保を図ります。

以上

ページの先頭に戻る