ベイビュー・アセット・マネジメント

ボトムアップ・アプローチ

運用哲学詳細

① 企業の「価値創造力」を見極める

企業を取り巻く事業環境、技術開発、及び各種制度の変化に伴い、企業に眠っている資産が価値を生み始め、逆に価値のあった資産が無意味なものとなる。そうした変化の中で企業の対応力を探究し、「価値創造力」を読み取ることがリターン獲得の源泉となる。

② マクロ動向に関する大局観が不可欠

世界経済や国際政治が日本の企業や株式市場に与える影響を予測し、ポートフォリオの株式エクスポーシャー及びベータをコントロールすることが、グローバルに結合した投資環境においては必須である。

③ 投資家行動は株式市場を左右する

株式需給は、市場に対して様々な思惑を持つ投資家の参加度合いで決定される。投資家行動を分析し、株式市場におけるマネー・フローを理解することで投資機会を捉える。

ページの先頭に戻る