運用サービス
Investment
service

運用フランチャイズ概要

RS Investments

設立:1986年(2016年Victory Capital傘下入り)
所在地:サンフランシスコ(カリフォルニア州)
CIO(最高運用責任者):Scott Tracy(グロース・グループ), Daniel Lang(バリュー・グループ), U-Wen Kok(ディベロップド・マーケッツ・グループ)
運用担当者数:17名(2017年12月末現在)
運用資産:$11.6B(2017年12月末現在)

  • 1978年サンフランシスコに、Sanford Robertson及びPaul StephensがRobertson Stephens & Company(RS&Co.)を創業、1986年 RS&Co.の 資産運用部門として、Randy HechtがRobertson Stephens Investment Management(現 RS Investments)を設立
  • 2006年に全米第4位の生命保険会社Guardian Groupが筆頭株主となり、2016年にはVictory CapitalがGuardian GroupからRS Investmentsを買収
  • 設立以来、特に米国中小型企業に対する徹底したファンダメンタルズ分析に基づくボトムアップ・リサーチに強みを持ち、成長株やバリュー株といった資産クラス毎に、専門的なノウハウを有する運用体制を確立
(ファンドロゴ)

INCORE Capital Management

設立:1998年(Victory Capital内で設立)
所在地:クリーブランド(オハイオ州)及びバーミンガム(ミシガン州)
CIO(最高運用責任者): Edward Goard, Heidi Adelman
運用担当者数:14名(2017年12月末現在)
運用資産:$6.5B(2017年12月末現在)

  • Victory Capital傘下で、債券投資に特化したブティック
  • ファンダメンタルズ分析、或いはクオンツ分析を用いたアクティブ運用が強み
  • 14名の運用プロフェッショナルが、以下の4戦略に各々特化したチームに分かれて運用
    -米国政府機関保証短期債券
    -米国コア債券
    -米国投資適格転換社債
    -米国トータル・リターン型債券
(ファンドロゴ)

Victory Solutions

設立:1996年(2015年Victory Capital傘下入り)
所在地:クリーブランド(オハイオ州)及びナッシュビル(テネシー州)
プレジデント:Mannik Dhillon
チーフ・ポートフォリオ・ストラテジスト:Stephen Hammers
運用担当者数:14名(2018年6月末現在)
トレーダー:7名(2018年6月末現在)
運用資産:$3.0B(2017年12月末現在)

  • Victory Capital傘下で、ルールベースのスマートベータ戦略に特化する運用チーム
  • オハイオ州クリーブランドとテネシー州ナッシュビルを拠点に、シンプルで透明性の高い新型スマートベータ戦略(特許出願中)を開発
  • 2003年から自社スマートベータ・インデックスの算出を開始し、現在はNASDAQが多数の同社スマートベータ・インデックスを公表。また同インデックスに基づくETF14本、ミューチュアル・ファンド5本を運用
(ファンドロゴ)