運用サービス
Investment
service

株式:ロング・ショート
ベイビュー・アセット・マネジメント
ボトムアップ・アプローチ

ファンド・マネージャー

日本株式運用部
谷川 祟人
Takato Tanikawa

日本株式運用部
三須 博志
Hiroshi Misu

(画像)ベイビュー・アセット・マネジメント株式会社 ロゴ

日本株式運用部のアナリスト、そしてBayview日本株ロングショートの共同ファンド・マネージャーとして5年間活躍してきた谷川崇人が、2017年6月から主責任者として運用。また、シニア・アナリストで20年間の運用経験を持つ三須博志が、共同ファンド・マネージャーに就任し銘柄選択をはじめ様々な面で谷川をサポート。

運用哲学

鳥の目(マクロからの視点)、虫の目(ミクロからの視点)、そして魚の目(トレンドからの視点)を持ち、個別企業のファンダメンタルズ分析だけでなく、株式市場の潮流を見極め斬新な視点で投資を判断し、安定的なリターンを獲得します。

  1. 企業の「価値創造力」を見極める
    企業を取り巻く事業環境、技術開発、及び各種制度の変化に伴い、企業に眠っている資産が価値を生み始め、逆に価値のあった資産が無意味なものとなる。そうした変化の中で企業の対応力を探究し、「価値創造力」を読み取ることがリターン獲得の源泉となる。
  2. マクロ動向に対する大局観が不可欠
    世界経済や国際政治が日本の企業や株式市場に与える影響を予測し、ポートフォリオの株式エクスポーシャー及びベータをコントロールすることが、グローバルに結合した投資環境においては必須である。
  3. 投資家行動は株式市場を左右する
    株式需給は、市場に対して様々な思惑を持つ投資家の参加度合いで決定される。投資家行動を分析し、株式市場におけるマネー・フローを理解することで投資機会を捉える。

運用プロセス例

投資対象ユニバースを限定せず、独自に構築したシナリオに基づき、アイデア・ドリブンでアクティブな運用を行います。銘柄選別の視点としては、(1)成長市場において次世代のリーディング企業となるポテンシャル、(2)他社に比べた業界内での比較優位性とその持続期間、(3)業績衰退期におけるターンアラウンドのポテンシャル、といった条件を重視しています。また、対象企業に対しては調査・分析・評価を機動的に行い、ロング及びショートともに運用責任者が確信を持つアイデア各々40-60銘柄へ投資を行います。ポートフォリオの流動性は極めて高い水準に維持しつつ、市場環境が逆境の局面は迅速なエクスポージャー・コントロールを優先します。

(図)

運用戦略

ロング・ショート Bayview日本株ロングショート
(戦略開始日:2002年7月15日)

中・長期的な絶対収益を追求。ロング・サイドでは短・中期的リターンを積み上げる「アクティブ戦略」と長期的リターンを狙う「バイ&ホールド戦略」を、ショート・サイドでは市場全体もしくはロング・サイドの組入銘柄に対する「ヘッジ戦略」と個別銘柄の短・中期的な株価下落をリターンの源泉とする「オポチュニスティック戦略」を、各々組み合わせたポートフォリオを構築し市場環境に左右されない安定的な運用を行います。

(イメージ)

2013年7月16日より"Bayview日本株式ロングショート ファンド"の名称で、当該戦略に基づいた運用を行う国内公募投資信託(設定:ベイビュー・アセット・マネジメント株式会社)が、水戸証券株式会社等より販売されています。当ファンドはベイビュー・アセット・マネジメント第一号となる公募投資信託です。詳細は下記URLをご参照ください。

公募ファンド情報「Bayview日本株式ロングショート」
水戸証券株式会社 オフィシャルサイト

(写真)

谷川 崇人 Takato Tanikawa

投資家行動分析を取り入れた日本株式ボトムアップ戦略、『Bayview日本株ロングショート』

鳥の目、虫の目、そして魚の目

谷川崇人が金融界に興味を持ったきっかけは、大学在学中にベンチャー・ファイナンスに触れたことでした。「ベンチャー企業が成功するために重要な要素は何か」を研究するにつれて「ベンチャー企業による資金調達の難しさ」を知り、「将来、成長を遂げる若い企業を資金面でサポートしたい」と思い国内証券会社に入社しました。

入社後は、日本株式のリサーチ・セールスとして、運用会社を対象に個別銘柄の投資情報や投資アイデア等を提供してきましたが、当該業務に従事した5年間で、「セルサイドのアナリストによる情報は、過去からの延長線上で語られており、既に株価に織り込まれていることが多い。」と気付きました。その一方、コンタクトを取る多くのファンド・マネージャー達が、いち早く株式市場及び企業の変化を捉え、自らの考えに基づく投資アクションを起こしている姿に遭遇し、バイサイドの運用業務に醍醐味を感じます。この思いの高まりに大きな影響を与えたファンド・マネージャーが、ベイビュー・アセット・マネジメントの佐久間でした。

佐久間は、1999年にモーニングスター社の「ファンド・オブ・ザ・イヤー」に選出されるなど数々の実績と共に脚光を浴び、日本を代表するストック・ピッカーとして国内外の投資家の間で抜群の評価を確立、2002年から、「自らの運用スキルを最大限発揮したい」との思いでベイビュー・アセット・マネジメントに参画していました。佐久間とは、当初はアポイントを取るのも難しい状況でしたが、綿密な調査・分析結果に基づく谷川の話に徐々に耳を傾けてくれるようになります。そして、ある企業について佐久間とディスカッションをした際、市場関係者の多くが見過ごしていた同企業に対する歴史的な考察に感銘し「佐久間と一緒に働きたい」と考え、2012年5月にベイビュー・アセット・マネジメントへ入社することを決めました。入社後は佐久間の下で、アナリストとして有望な個別銘柄発掘力に磨きをかけると共に、リサーチ・セールス時代に極めて重要であると痛感した投資家行動分析を新たに取り入れ銘柄推奨を実践してきたことが実を結び、2016年4月、佐久間が長年運用する「Bayview日本株ロングショート」の共同ファンド・マネージャーに就任し、佐久間の引退に伴い、2017年6月から当該ファンドの主責任者となりました。

今日の株式市場では、レバレッジ型ETFの売買代金が大型株式を上回るなど、マーケットの動きに重大な影響を及ぼす投資家行動は時々刻々と変化しています。谷川は、「株式投資においては、鳥の目(マクロからの視点)、虫の目(ミクロからの視点)、そして魚の目(トレンドからの視点)を持ち、個別企業のファンダメンタルズ分析だけでなく、株式市場の潮流を見極め斬新な視点で投資判断しなければ優れたリターンを得ることは出来ない」との信念を持ち、新たな挑戦を始めます。

【プロフィール】2007年 新光証券(株)(現みずほ証券(株))入社後、エクイティ営業部、機関投資家営業部にて、国内運用会社を中心に機関投資家に対するリサーチ・セールス業務に従事。2012年5月ベイビュー・アセット・マネジメント(株)入社、現在に至る。2007年東京理科大学経営学部卒。

(写真)

三須 博志 Hiroshi Misu

豊富な運用経験で、新進気鋭のファンド・マネージャーをサポート、『Bayview日本株ロングショート』

確固たる信念と、柔軟な決断

三須博志と株式投資の出会いは、大学時代に遡ります。在学中の1987年に留学した米国で、ブラックマンデーに遭遇します。「コンピューターのプログラム取引が急落の原因」と訳知り顔で話す講師や周囲の大人達を見聞きし、まだ株式の知識も経験もない学生でしたが、「相場」の持つ底知れぬ魅力を感じました。卒業後は山一證券に入社し、本店営業で3年間個人・法人営業に携わった後にシンガポール法人へ出向、アジア株式トレーダーとして成長著しいエネルギーとダイナミズムに満ち溢れた現地市場に身を委ねながら、「自分は株が好きなんだ」と確信します。

帰国後は、国内機関投資家向けに日本株式トレーダーとして個別銘柄の売買を日々執行する中で、何十人ものファンド・マネージャー達の銘柄選択や投資判断に絡む職人技を目の当たりにし、「いつかは自分もバイサイドに行く」という想いが日増しに強まります。そして奇しくも山一證券が自主廃業に至り、当時担当先の一つであった太陽生命に入社した三須は、念願のファンド・マネージャーへの道を歩み始めます。先ずは日本株式アナリストとして保険資産の運用に携わった後、1999年から、本人にとって大きな転機となる米国株式ロング・ショート運用を行うヘッジ・ファンド会社へ3年間出向することになります。

出向先のサンフランシスコでは、たった一人の日本人として孤軍奮闘しつつも、米国テクノロジー株式アナリストとしてシリコンバレーのハイテク企業へ足繁く通える貴重な経験を得ました。そして、本格的なボトムアップ型投資手法と共に、まさにITバブルが形成され崩壊していく渦中において、当時の先端を行く株式ロング・ショート運用に携わる絶好の機会に恵まれたのです。燻し銀の米国職人ファンド・マネージャーから叩き込まれた「企業に惚れるな、企業の成長率の加速に惚れて鈍化を嫌え」という金言は、その後の三須の運用の根幹を成すことになりました。

帰国後、T&Dアセットマネジメントで本格的にファンド・マネージャーとして日本株式の運用を開始します。以来12年間に亘り、ボトムアップ・アプローチによる個別銘柄選択を超過収益の源泉と捉えた運用で、着実にリターンを積み重ねます。三須は、保険会社や年金基金、或いは投資信託の向こう側には、必ず加入者や従業員、或いは個人投資家の方々がいることを常に意識して運用に従事し、「お客様の大切な資金をお預かりするうえで重要なのは、ファンド・マネージャーのブレない信念とフレキシブルな決断である」をモットーとします。そして、大手運用会社特有のチーム運用体制ではアピールすることが容易でない、責任者を明確にした「顔の見える運用」を実践したいという長年の想いを実現させる機会を望んでいました。2014年7月、シンガポールで株式の世界にプロとして足を踏み入れてから20年、自らの集大成となる舞台として、サンフランシスコ出向時代から長年の交流があるベイビュー・アセット・マネジメントへの参画を決意することになりました。

【プロフィール】1991年 山一證券(株)入社後、本店営業部、山一セキュリティーズ(シンガポール)、金融法人資金運用部、エクイティ・トレーディング第一部等で証券営業及び株式トレーディング業務に携わる。1998年太陽生命保険相互会社(現太陽生命保険(株))入社、特別勘定運用におけるテクノロジー、素材、及び公益セクターの企業分析業務に従事。1999年ロバートソン・スティーブンス・インベストメント・マネジメント(現RS Investments)からMBOしたエライジャー・アセット・マネジメント(当時)に出向し、主に米国テクノロジー企業のアナリストを経験後、2003年からはT&D太陽大同投資顧問株式会社(現T&Dアセットマネジメント(株))運用部門のファンド・マネージャーとして、保険資産、年金基金、及び投資信託の日本株式を主要対象としたグロース型投資の運用業務に従事。2014年7月ベイビュー・アセット・マネジメント(株)入社、現在に至る。1991年 立教大学文学部卒。公益社団法人 日本証券アナリスト協会検定会員(CMA)。