運用サービス
Investment
service
(画像)
(画像)

債券:ロング/ロング・ショート/金利上昇リスク対応
ベイビュー・アセット・マネジメント
トップダウン・アプローチ

運用責任者

グローバル資産運用部
クオンツ運用チーム

新進気鋭のクオンツスペシャリストと債券・為替専門のトレーダーにより構成される運用チームが担当

(画像)

運用哲学

イールドカーブの形状および各種スプレッドの動向をトップダウンで徹底分析すること等により、戦略毎のターゲット・リターン及びリスクの達成確度を高めます。

運用プロセス例

各国の国債を投資対象に、各残存期間毎の債券にほぼ同金額で投資するラダー型ポートフォリオを構築し、原則として為替をフルヘッジします。

運用戦略

ロング 米国長期国債ラダー
(戦略開始日:2016年2月23日)

(イメージ)

残存期間が7~10年程度の米国国債を投資対象に、ラダー型ポートフォリオを構築(原則、為替フルヘッジ)することで、為替変動リスク(ドル円)を低減させながら、安定的なリターン獲得を目指します。

ロング・ショート 欧州国債ロング・ショート
(戦略開始日:2016年7月20日)

(イメージ)

残存期間が7~13年程度の欧州の国債を投資対象に、ラダー型ポートフォリオを構築(原則、為替フルヘッジ)するとともに、欧州の短期国債先物をショートすることで、為替変動リスク及び金利上昇リスクを低減させながら、安定的なリターン獲得を目指します。

クオンツモデル・アプローチ

運用哲学

低金利が継続する一方、金利上昇リスクへの備えも求められる運用難の時代に、画期的なソリューションを提供。欧米の国債に投資することで、より高いインカム・ゲインを獲得すると共に、マクロ経済モデルと整合的な、かつ行動ファイナンス理論等も重視し独自に設計したクオンツモデル(RMモデル:マルチ・アセット参照)のサインに基づいた先物取引を活用することで、金利上昇時のヘッジ効果と更なるリターン獲得を狙います。

運用プロセス例

欧米の国債を投資対象とし、各残存期間毎の投資金額をほぼ同程度とするラダー型ポートフォリオ(原則として為替はフルヘッジ)を構築します。更にRMモデルに基づき、債券先物、株価指数先物、及び通貨先物に投資します。

運用戦略:顧客ニーズに合わせたカスタマイズも可能です

金利上昇リスク対応 米国長期国債インカム
(金利上昇リスク対応型)
(戦略開始日:2014年11月26日)

(イメージ)

残存期間が5~10年程度の米国国債に投資し、ラダー型ポートフォリオ(各残存期間毎の投資金額をほぼ同程度とする)運用を行います。更に米国金利上昇リスクへ対応するため、RMモデルのサインに基づき、米国債券先物取引を活用して効果的なヘッジを行う他、米国株価指数先物及び通貨(ドル円)先物へも投資を行い追加的なリターンの獲得を目指します。

金利上昇リスク対応 英国長期国債インカム
(金利上昇リスク対応型)
(戦略開始日:2015年4月28日)

(イメージ)

残存期間が8~13年程度の英国国債に投資し、ラダー型ポートフォリオ(各残存期間毎の投資金額をほぼ同程度とする)運用を行います。更に金利上昇リスクへ対応するため、RMモデルのサインに基づき、欧州の債券先物取引を活用して効果的なヘッジを行う他、欧州の株価指数先物及び通貨(ユーロドル)先物へも投資を行い追加的なリターンの獲得を目指します。