運用サービス
Investment
service
(画像)
(画像)

プライベート・エクイティ:クロスオーバー/ベンチャー・キャピタル
Crosslink Capital, Inc.
ハンズオン・アプローチ

運用責任者

パブリック・チーム:
ファウンダー/ポートフォリオ・マネージャー

Michael Stark
マイケル・スターク

ベンチャー・チーム:パートナー
Eric Chin
エリック・チン

(画像)

Michael Starkを筆頭に上場株式への投資を担当する8名のパブリック・チームと、Eric Chinを筆頭に未上場株式への投資を担当する8名のベンチャー・チームで構成。各チームにおいて、長年実績を積んだシニア・メンバーを若手アソシエイトがサポートする体制を構築。

運用哲学

ベンチャー・キャピタル(未上場株式)、ヘッジ・ファンド(上場株式)双方のリサーチ情報を緊密に共有するクロスオーバー・シナジーの下で、「アルファ・クラブ」を柱とする広範なベンチャー・ネットワークをディール・ソースとして有望なベンチャー企業を発掘、徹底したハンズオンによってビジネス展開をサポートします。

運用プロセス例

ベンチャー・キャピタル(以下、「VC」)運用では、主にテクノロジー関連の高成長セクターを中心に未上場企業を発掘します。また、ヘッジ・ファンド運用では、同様のセクターを中心に約1,000社の成長企業で構成されるユニバースから上場企業を選別します。

(イメージ)

運用戦略

クロスオーバー Crosslink Crossover シリーズ
(戦略開始日:1986年3月)

(写真)

30年超の優れた実績を誇る世界で唯一の、上場株式と未上場株式投資を融合させた極めてハイブリッドな投資戦略です。VC及びヘッジ・ファンドへ、最終的に約50:50の投資アロケーション(Crossover)を行うことで、VC投資の初期段階に発生する投資元本の下落(Jカーブ効果)を大きく低減しつつ、長期的な絶対収益を追求します。また、ヘッジ・ファンド投資へのアロケーションを調整し、当初投資金額の範囲内でVCへの全投資を実行、運用期間中に投資家に対するキャピタル・コールは一切発生しません。

(写真)Crosslink Crossover Fundシリーズ_プライベート・エクイティ

VCでは、ベンチャー企業の経営に自ら参画する「ハンズオン戦略」を中心に、将来有望な未上場企業のポートフォリオを構築します。ヘッジ・ファンドのロング・サイドでは、主に1~3年の投資ホライズンで大きな成長が見込まれるテクノロジー企業、及びテクノロジーを活用して革新的なサービスを提供する小売や金融セクター等の有望企業へ投資を行います。ショート・サイドでは、新興成長企業にマーケット・シェアを奪われ衰退していく大企業を選別してポートフォリオに組入れます。

ベンチャー・キャピタル Crosslink Venturesシリーズ
(戦略開始日:1989年3月)

(写真)Crosslink Ventures Fundシリーズ_プライベートエクイティ

未上場及び上場株式投資間のシナジーを活用する「クロスオーバー戦略」、運用環境に応じて投資ステージ及びセクターを柔軟に変更する「マルチ戦略」、そして投資企業の成長を積極的に促進する「ハンズオン戦略」を柱に、独自のリスク・リターン管理の下で、高成長分野の未上場企業からなるポートフォリオを構築します。また、同社インベストメント・プロフェッショナルが運営するシリコン・バレー屈指のベンチャー・ネットワーク「アルファ・クラブ」等を通じて有望スタート・アップ企業を発掘し、シード投資も積極的に行います。

(写真)

Michael Stark マイケル・スターク

Crosslink Capital(パブリック・チーム)
ファウンダー/ポートフォリオ・マネージャー

ノースウェスタン大学を卒業、ミシガン大学にて経営修士号(MBA)を取得。シリコンバレーの勃興期である1980年代にインテルへ入社し、エンジニアとして3年間働いた後、米国新興企業に特化した投資銀行Robertson Stephens & Company(以下、「RS&Co.」)に入社、半導体セクターを得意分野として頭角を現す。同社で上場株と未上場株双方に投資するCrossover Fund、そしてベンチャー投資部門(現在のCrosslink Capital)の設立に尽力し実績を残した後、1999年にRS&Co.からの同部門MBOを成功に導いた。

Michaelは、ベンチャー・キャピタル投資で軽視されがちなポートフォリオ理論を実践に活かすことのできる数少ないファンド・マネージャーの一人です。RS&Co.で上場する新興企業を数多く見てきたMichaelは、上場前後で経営陣も顧客も何も変わらないのに、なぜ投資家だけが変わらなくてはならないのかと疑問を持つようになり、Crossover Fundを設立しました。上場株と未上場株双方を分析できる能力は、社内で"バイリンガル"と呼ばれています。

エンジニア的思考回路を持つMichaelは、非常に論理的であり、若手社員に対して投資プロセスの一貫性を問い、また同時に熱意や好奇心といった姿勢も厳しく要求しますが、それは若手育成のための教育熱心な一面の裏返しとも言えます。Michaelは自分に対しても厳しいハードワーカーですが、プライベートでは家族との時間を最優先させる等、優しい一面も覗かせています。Michaelの指導の下、2010年以降、ベンチャー投資活動のリーダーシップはEric Chinへ引き継がれています。

(写真)

Eric Chinエリック・チン

Crosslink Capital(ベンチャー・チーム)
パートナー

ダートマス大学を卒業、ハーバード・ビジネス・スクールにて経営修士号(MBA)を取得。Artiman VenturesやBay Partnersでべンチャー投資を行い、スマートフォン等の動きを検地するセンサーを手掛けるInvensense(2011年にIPOした後、2016年にTDKが買収)をはじめ、インターネットやソフトウェア企業への投資で成功を収めた。その後、2010年にCrosslink Capitalに入社し、同社の次世代を担う経営陣の1人として活躍。シリコンバレー屈指のネットワークへと発展したアルファ・クラブを活用し、投資案件や事業提携先の発掘につなげている。

ベンチャー投資には人的ネットワークが極めて重要ですが、大人数の参加するイベントでは本当に関係を構築したい人と出会うのは難しいという問題がありました。そこでEricは、特定のテーマについて深い知識を持つ少人数の専門家を選別して招待し、参加者全てが活発に議論を行いながら親密な関係を構築できる場を提供すべく、2005年にアルファ・クラブを設立しました。そして、アルファ・クラブのネットワークを通じてシード及びアーリー・ステージ企業へベンチャー投資を行うというEricの考えに賛同するCrosslink Capitalで、その戦略を実現させています。

エネルギッシュで気さくなEricは、ビジネスだけでなく、サーフィンや料理といった趣味を通じた交友関係も広く、人脈が重要なベンチャー・キャピタリストは天職と言えるかもしれません。日本に来日した際には、大好物のラーメン食べ歩きを通じて当社の社員とも親睦を深めています。Ericは、自らのネットワークを駆使して様々な面で起業家をサポートすることで、イノベーションを生み出し社会に貢献する起業家の夢を実現させ、同時に資金提供を行う投資家には高いリターンをもたらすベンチャー・キャピタリストの仕事に、大きな誇りを持って取り組んでいます。