運用サービス
Investment
service
(画像)
(画像)

プライベート・エクイティ:ベンチャー・キャピタル
GoAhead Ventures LLC
ハンズオン・アプローチ

運用責任者

ファウンダー/マネージング・ディレクター
森 健
Takeshi Mori

(画像)

大手日系企業の通信エンジニア、そしてシリコンバレーのベンチャー起業家として経験を積み、技術開発やベンチャー企業経営に精通した日本人パートナーと、スタンフォード大学出身で起業を目指す学生等に幅広いネットワークを持つ米国人若手キャピタリスト2名が運用を担当。

運用哲学

IT関連分野において、最先端の技術・サービス獲得を狙う日本企業のニーズを把握し、日本市場での飛躍を狙う革新的な米国シリコンバレーのベンチャー企業へ投資及び支援することで、日米イノベーション・ブリッジ(日米企業の協同ビジネス)を実現します。

運用プロセス例

米国ベンチャー・コミュニティーに長年在籍して構築したシリコンバレー・ネットワークを活用し、魅力的なイノベーションを生み出す米国ベンチャー企業を発掘します。そして、ベンチャー企業の経営陣及び日本企業とミーティングを重ね、日本におけるビジネス展開の具体的構想を検討、投資を実行します。

(イメージ)

運用戦略

ベンチャー・キャピタル ZenShin Venture シリーズ
(戦略開始日:2005年3月10日)

(写真)Crosslink Ventures Fundシリーズ_プライベートエクイティ

シード又はアーリー・ステージにある米国ベンチャー企業を投資対象とし、日本でのビジネス開発(Business Development)を前提に、経営者の能力及び技術等の将来性を原則1年以上をかけて評価(Due Diligence)した上で、分散投資ではなく厳選投資を行います。投資にあたってはボード・シート及び創業者株・割引された優先株を取得し、徹底した「ハンズオン戦略」により投資先企業の成功を支援します。また、最終的には主に日米企業によるM&Aにより、高いリターンの獲得を目指します。

(写真)

森 健 Takeshi Mori

GoAhead Ventures
ファウンダー/マネージング・パートナー

東京大学工学部を卒業し、(株)日立製作所で約15年間に亘りエンジニアとして世界各国の通信システム設計を主導。スタンフォード大学にて経営修士号(MBA)を取得した後、シリコンバレーの通信会社副社長や運用会社のベンチャー・キャピタル部門アドバイザーを経て、世界最速レベルの光スイッチを開発するのぞみフォトニクス(株)創業に参画。2005年、日本企業と米国ベンチャー企業の架け橋となるべく、シリコンバレーにてZenShin Capital(現 GoAhead Ventures)を起ち上げた。

スタンフォード大学留学中シリコンバレーに魅了された森は、家族を連れて同地に移り住み、以来10年以上をかけスタンフォード・コネクションを柱に、米国西海岸のベンチャー業界で強固な独自のネットワークを築き上げてきました。スタートアップのベンチャー企業への投資に際しては、「経営者との信頼関係構築が最も重要である」と考える森は、多くの時間をかけて起業家と向き合い、共にその技術とビジネスの萌芽を育てることに注力します。

時にはビジネス開発に熱中する余り、学業を顧みない学生に対し、大学を卒業するよう強く勧める等、他のベンチャー・キャピタリストとは異なる、目先の利益獲得を度外視し親身に相談に乗る森を、単なる資金提供者ではなく父のように慕う若手起業家もいます。次々に生まれる森の独創的なアイディアによって、洗練された日本企業の技術と、米国ベンチャー企業のイノベーションとが融合し、次世代を切り拓く新たな事業が生み出されていきます。