運用サービス
Investment
service

株式:ロング
Integrity Asset Management
ボトムアップ・アプローチ

運用責任者

シニア・ポートフォリオ・マネージャー
Daniel DeMonica
ダニエル・デモニカ

(画像)Integrity Asset Management ロゴ

米国マイクロキャップ及び中小型株式に特化したブティックで、13名の運用プロフェッショナルで構成されるチーム。

運用哲学

いかなる時も「誠実さ(“Integrity”)」を最優先すると共に、一見使い古された響きのあるオーソドックスな運用手法だが実際に行うのは難しい「投資の王道(3つの“Right”)」を貫くことで、卓越した運用成果の提供に邁進します。

運用プロセス例

3つの“Right”(Right Company:株主資本を最も効率的に活用出来る有能な経営陣、Right Price:企業の本質的価値に比べて株価が割安、Right Time:株価が大きく上昇するカタリストが存在)に注目し、投資対象企業を選別します。

(図)

運用戦略

ロング USマイクロキャップ株式
(戦略開始日:2011年2月1日)

銘柄数では米国株式市場の主役でありながら、アナリストのカバレッジが少なく情報の入手が極めて難しい、時価総額10億米ドル未満のマイクロキャップ株式が主な投資対象。1セクターを2名の運用プロフェッショナルが担当し、年間200~300社の経営陣との面談や顧客・取引先まで取材する等の徹底したボトムアップ分析により、既に売上や利益の出ている100社超の超小型企業に分散投資を行い、リスクを抑えた運用を行います。

  • ※当戦略では、広義にラッセル マイクロキャップ指数構成銘柄の時価総額範囲内の株式を指す場合もあります。
(写真)

Daniel DeMonica ダニエル・デモニカ

Victory Capital(Integrity Asset Management)
シニア・ポートフォリオ・マネージャー

北米で一流校のみが加盟できる「アメリカ大学協会」62校の一つ、インディアナ大学で学士号、同ケース・ウェスタン・リザーブ大学で経営学修士(MBA)を取得後、オハイオ州を拠点とし、全米7位の預金残高を有する老舗大手銀行持株会社National City Corpの系列運用会社で25億ドルの資金をチームで運用。経験を積むにつれ、「優れた運用成果は、安定したチームと規律ある運用戦略によりもたらされる」との結論に辿り着き、同僚4人と共に同社での運用戦略を引き継いで2003年にIntegrity Asset Managementを設立。2014年からVictory Capital傘下に入った現在は、運用する4戦略全てのシニア・ポートフォリオ・マネージャーを務め、マイクロキャップ バリュー戦略においては共同運用責任者に就任。自身はヘルスケア、公益、情報通信及び消費者サービスセクターを担当。

Danielは、Integrity Asset Managementの拠点である米国中西部に位置するオハイオ州クリーブランド郊外に暮らしています。中西部は、まさに米国のカントリー・サイドとして穏やかかつ友好的で、真面目な人が多い地域と言われています。実際にDanielも、米国金融の中心地であるウォール・ストリートなどの大都会で働くことには興味が無く、地元を愛し、休日は家族と共に自然に囲まれた環境で過ごすことを大切に田舎のライフ・スタイルを満喫しています。Danielを含め、Integrity Asset Managementの運用チーム全員が、長期間同じチームで腰を落ち着かせて運用に専念できる環境がそこにあるのです。また、中西部独特の気質は、運用スタイルにも反映されています。Danielは「(ウォール・ストリートのようなプライドが高いファンド・マネージャーと異なり)間違いがあれば真摯に受け止め、素直に認める」ことを信条としており、運用において投資判断を間違えたと気付けば、直ちに保有株式を売却するなど誠実な運用を行っています。

Danielは3人の子供を持つ父親であり、休日には家族旅行に出かけることを楽しみにしています。また、息子達の野球とバスケットボール・チームのコーチをしており、自身もゴルフやテニスを楽しむスポーツマンです。