ベイビュー・アセット・マネジメント

What's new

<抄訳>RSインベストメンツ社、日本の公募投信“グローイング・アメリカ”の再委託先に指名される

みずほ証券株式会社からは、初採用:米国中小型成長株式運用

9月3日、サンフランシスコ − サンフランシスコを拠点とする独立系資産運用会社、RS インベストメンツ(以下、「RSIM」)社は、みずほ証券株式会社が販売を担当する公募投資信託“東京海上・米国新興成長株式ファンド(愛称:グローイング・アメリカ)”(設定:東京海上アセットマネジメント投信株式会社)の運用再委託先2社(※1)のうち1社に選出されたことを発表しました。

RSIM社は、まだ市場で注目されていない将来有望な米国中小型成長株式への厳選投資を担当します(※2)。

RSIM社の機関投資家営業統括Tom Neukranz氏は、「みずほ証券株式会社と東京海上アセットマネジメント投信株式会社から、RSIM社の米国中小型成長企業投資における運用体制及び手法(※3)が評価され、新ファンドのマネージャーとして選出されたことを大変栄誉に思う。当ファンドを契機として、両社と良好な関係を構築したい。」と語りました。

RSIM社による当ファンドの運用にあたっては、RSIM社と創業以来提携する日本の独立系運用会社、ベイビュー・アセット・マネジメント株式会社が日本におけるサポートを行います。

※1: “グローイング・アメリカ”では、シェール革命による劇的なエネルギー構造の転換等に伴い、新たな成長ステージに臨む米国経済において、魅力的な投資機会を有する新興成長株式に投資を行うべく、RSIM社と共に、ClearBridge Investments社が再委託先に指名されています。

※2: RSIM社が運用再委託を受ける日本の公募投資信託としては、“アメリカン・ドリーム・ファンド”(2007年設定:新生インベストメント・マネジメント株式会社)、“アメリカン・ニュー・ステージ・オープン”(2011年設定:三菱UFJ投信株式会社)、及び“ノムラ THE USA”(2013年設定:野村アセットマネジメント株式会社)が現在国内で販売されており、本年5月に基準価額が50%上昇し繰上償還となった“ツインアクセル”(2010年設定:大和住銀投信投資顧問株式会社)と共に、他に無い成長投資戦略とその優れたパフォーマンスは、高い評価を受けてきました。

※3: ファンドの運用は、RSIM社の成長株式部門であるRS Growthチームが担当し、当該チームはシリコンバレーを中心とした中小型成長企業群との強固なネットワークを基盤に、魅力的な新興セクターをいち早く発見すべく調査・分析を行う専門家集団で、アナリスト1人年間約500社への企業訪問や初回訪問時の3時間ルール等、ファンダメンタルズ分析に基づく徹底したボトムアップ・リサーチを行います。

RSインベストメンツ社について
RSIM社は、機関投資家、個人投資家及び投資アドバイザー向けに様々な投資機会を提供。各専門分野に特化した投資プラットフォームを構築し、経験豊富なスペシャリスト・チームが、米国バリュー株式、米国グロース株式、インターナショナル株式、天然資源株式、及び債券等の分野で徹底したボトムアップ・リサーチに基づく戦略を規律あるプロセスで運用しています。同社は1986年に設立され、米国のサンフランシスコ(本社)とニューヨークに拠点を置き、2013年3月現在で約250億ドルの運用資産を有する独立系運用会社です。

本資料はRSインベストメンツ社によるプレスリリースをベイビュー・アセット・マネジメント株式会社が抄訳したものであり、特定の取引や商品あるいは有価証券の勧誘ないし推奨を目的としたものではありません。また、本資料に記載された情報を使用することによりお客様または第三者が被った損害等を補償するものではありません。本資料と同プレスリリースとの間に内容の乖離がある場合には、同プレスリリースが本資料に優先します。本資料は目的の如何を問わず、その全部または一部をベイビュー・アセット・マネジメント株式会社の許可なしに複製・複写・転記する事、および第三者に開示する事を禁じます。

<本文>RS Investments Selected as a Sub-Investment Manager for Japanese Publicly Offered Investment Trust, "TMA US Growing Equity Fund (Growing America)"

The First Mandate from Mizuho Securities: US Mid/Small-Cap Growth Stock Investment

SAN FRANCISCO, September 3, 2013 - RS Investments, a San Francisco-based investment management firm, today announced that the firm has been selected as one of the two sub-investment managers for Mizuho Securities publicly offered investment trust, Growing America.

For Growing America, launched by Tokio Marine Asset Management, RS Investments will manage a portfolio which consists of mid- and small-cap growth companies within the US stock market.

""We are delighted that Mizuho Securities and Tokio Marine Asset Management have selected RS Investments as a sub-investment manager, and we believe their decision reflects great confidence in the RS team and our Growth investment strategy,” said Tom Neukranz, head of Institutional Sales for RS Investments. “We’re looking forward to building a strong business relationship with both firms.""

Bayview Asset Management, an independent Japanese asset management firm, will provide support to Mizuho Securities and Tokio Marine Asset Management on behalf of RS Investments.

About RS Investments
RS Investments offers investment management solutions for institutional and individual investors and the advisors who serve them. The firm's specialized investment platform supports distinct investment teams, each utilizing disciplined and repeatable investment processes to deliver research-driven value, growth and core strategies in U.S. and global equity markets, as well as strategies in global natural resources and fixed income. As of March 2013, RS Investments managed approximately $25 billion on behalf of its clients. The firm was founded in 1986 and is headquartered in San Francisco.
As with all mutual funds, the value of an investment in the Fund could decline, so you could lose money. Investments in companies in natural resources industries may involve risks including changes in commodities prices, changes in demand for various natural resources, changes in energy prices, and international political and economic developments. Investing in small- and mid-size companies can involve risks such as having less publicly available information, higher volatility, and less liquidity than in the case of larger companies. Investing in a more limited number of issuers and sectors can be subject to greater market fluctuation. Overweighting investments in certain sectors or industries increases the risk of loss due to general declines in the prices of stocks in those sectors or industries. Foreign securities are subject to political, regulatory, economic, and exchange-rate risks not present in domestic investments. The value of a debt security is affected by changes in interest rates and is subject to any credit risk of the issuer or guarantor of the security.
ページの先頭に戻る