ベイビュー・アセット・マネジメント

What's new

<抄訳>RSインベストメンツ社が、日本の公募投信“USディスカバリー”の再委託先として運用を開始

三菱UFJ投信株式会社から3度目の採用:米国株式集中投資バリューアップ戦略

11月20日、サンフランシスコ − サンフランシスコを本拠地とする資産運用会社、RS インベストメンツ(RSIM)社は、三菱UFJモルガン・スタンレー証券株式会社が販売を担当する公募投資信託“三菱UFJ米国株厳選投資戦略オープン(愛称:USディスカバリー)”(設定:三菱UFJ投信株式会社)の再委託先として、企業価値の拡大(バリューアップ)が見込まれる米国株式を厳選し、長期集中投資を行う運用を開始しました。なお当ファンドは、株式会社三菱東京UFJ銀行も、金融仲介業者として全国で取り扱いを行います。

新ファンドの運用は、RSIM社のバリュー・グループが担当します。当運用チームは、現在8名のメンバーで構成され、メンバー全員がポートフォリオ・マネージャー且つアナリストとして、自らの担当分野に対し深い専門知識を有しており、投資判断においては各メンバーに最終的な権限を付与する合議制を採用しています。投資プロセスについては、ROIC(Return On Invested Capital:投下資本利益率)の改善が期待される企業に着目し、当運用チームが担当する大型、中型、小型の各既存ファンドの中から高確信度銘柄のみを抽出、更に魅力的な25〜30銘柄を選ぶことで、「ベスト・オブ・ザ・ベスト」のポートフォリオを構築します。

RSIM社の営業統括Phil Eichinger氏は、「日本を代表する金融機関である三菱UFJフィナンシャル・グループから再委託先として選出されたことは大変な栄誉であり、当社創業以来28年間に亘るバリュー・グループの運用に対して、高い評価を頂いたものと受け止めている。」と語りました。

RSIM社による当ファンドの運用にあたっては、日本の独立系運用会社、ベイビュー・アセット・マネジメント株式会社が日本における各種サポートを行います。

なお、三菱UFJ投信株式会社でのRSIM社が運用する投資戦略の採用は、“米国新興企業株式ファンド(愛称:ウッドサイド)” (2000年10月設定、2010年3月償還)、“アメリカン・ニュー・ステージ・オープン”(2011年11月設定)に続いて、3度目となります。

RSインベストメンツ(RSIM)社について
RSIM社は、機関投資家、個人投資家及び投資アドバイザー向けに、様々な投資機会を提供。各専門分野に特化した投資プラットフォームを構築し、経験豊富なスペシャリスト・チームが、米国バリュー株式、米国グロース株式、インターナショナル株式、天然資源株式、及び債券等の分野で、徹底したボトムアップ・リサーチに基づく戦略を提供しています。同社は1986年に設立され、米国のサンフランシスコを本社として国内外に拠点を置き、2014年9月末で約223億ドルの運用資産を有する資産運用会社です。

本資料はRSインベストメンツ社によるプレスリリースをベイビュー・アセット・マネジメント株式会社が抄訳したものであり、特定の取引や商品あるいは有価証券の勧誘ないし推奨を目的としたものではありません。また、本資料に記載された情報を使用することによりお客様または第三者が被った損害等を補償するものではありません。本資料と同プレスリリースとの間に内容の乖離がある場合には、同プレスリリースが本資料に優先します。本資料は目的の如何を問わず、その全部または一部をベイビュー・アセット・マネジメント株式会社の許可なしに複製・複写・転記する事、および第三者に開示する事を禁じます。

<本文>RS Investments Selected to Sub-advise Japanese Publicly Offered Investment Trust, "MUAM American Equity Selection Strategy Fund (US Discovery)" as a Sub-Investment Manager

The Third Mandate from Mitsubishi UFJ Asset Management: Highly Selective U.S. Value Up Equity Investment

San Francisco, November 20, 2014 - RS Investments, a San Francisco-based investment management firm, today announced that the firm has been selected as the sub-investment manager for the publicly offered investment trust, "MUAM American Equity Selection Strategy Fund (US Discovery).”

Launched by Mitsubishi UFJ Asset Management and distributed by Mitsubishi UFJ Morgan Stanley Securities, the fund is a concentrated portfolio of U.S. companies that RS Investments believes will experience an expansion in corporate value (value up). The Bank of Tokyo-Mitsubishi UFJ will also distribute the fund throughout Japan as a financial instrument Intermediary Service Provider.

The fund will be managed by the RS Value Team, consisting of eight sector specialists. The team focuses on improvement in ROIC (Return on Invested Capital) and manages a “best ideas” portfolio of 25-30 high-conviction names extracted from large cap, mid cap, and small cap funds that are currently managed by the team.

"We are honored that Mitsubishi UFJ Financial Group, one of the major financial institutions in Japan, has selected RS Investments as a sub-investment manager. We believe their decision reflects great confidence in the Value team" said Phil Eichinger, head of distribution at RS Investments.

Bayview Asset Management, an independent Japanese asset management firm, will provide support to Mitsubishi UFJ Asset Management and Mitsubishi UFJ Morgan Stanley Securities on behalf of RS Investments.

The adoption of the investment strategy managed by RS Investments for Mitsubishi UFJ Asset Management is the third mandate awarded to RS Investments following the "US Emerging Equity Fund (Woodside)" launched in October 2000 and redeemed in March 2010, and "American New Stage Open Fund" launched in November 2011, which remains open.

About RS Investments
RS Investments offers investment management solutions for institutional and individual investors and the financial advisors. The firm's specialized investment platform supports distinct investment teams, each utilizing disciplined and repeatable investment processes to deliver research-driven value, growth and core strategies in U.S. and global equity markets, as well as strategies in global natural resources and fixed income. As of September 30, 2014, RS Investments managed approximately $22.3 billion on behalf of its clients. The firm was founded in 1986 and is headquartered in San Francisco.
As with all mutual funds, the value of an investment in the Fund could decline, so you could lose money. Investments in companies in natural resources industries may involve risks including changes in commodities prices, changes in demand for various natural resources, changes in energy prices, and international political and economic developments. Investing in small- and mid-size companies can involve risks such as having less publicly available information, higher volatility, and less liquidity than in the case of larger companies. Investing in a more limited number of issuers and sectors can be subject to greater market fluctuation. Overweighting investments in certain sectors or industries increases the risk of loss due to general declines in the prices of stocks in those sectors or industries. Foreign securities are subject to political, regulatory, economic, and exchange-rate risks not present in domestic investments. The value of a debt security is affected by changes in interest rates and is subject to any credit risk of the issuer or guarantor of the security.
ページの先頭に戻る