ベイビュー・アセット・マネジメント

What's new

組織改正ならびに新執行役員就任に関するお知らせ

2015年9月30日

会社名:
ベイビュー・アセット・マネジメント株式会社
代表者名:
代表取締役兼CEO 八木 健
金融商品取引業者:
登録番号 関東財務局長(金商)第397号
加入協会:
  • 一般社団法人 投資信託協会
  • 一般社団法人 日本投資顧問業協会
問い合わせ先:
管理部 岩田 浩明 03-5210-3342

ベイビュー・アセット・マネジメント株式会社(代表取締役兼CEO:八木健 以下、「ベイビュー・アセット・マネジメント」)は、2015年9月29日開催の取締役会におきまして、組織改正の実施を決議すると共に、2015年10月1日付けで新たに執行役員を任命致しましたので、ここにご案内申し上げます。

ベイビュー・アセット・マネジメントは、創業以来、クオリティの高い運用サービスを継続的に提供できる磐石な内部体制の構築を目指して参りましたが、このたび更なる体制強化を目的として、2015年10月1日付けで以下のような新組織と致します。

  1. エグゼクティブ・オフィスを新設し、各部署の業務推進そして執行役員会の運営に係る各種サポート等に関連する業務を主管致します(「組織図」参照)。
  2. 金本昌謙が、新執行役員に就任致します(「役員」参照)。

組織図

組織図


役員

代表取締役 兼 CEO八木 健
取締役村住 直孝
取締役工藤 雄二
取締役下城 理重子
監査役鈴木 恒雄
監査役都丸 伸顕
執行役員佐久間 康郎
執行役員兼CFO岩田 浩明
執行役員金本 昌謙(新任)

ベイビュー・アセット・マネジメントは、1998年1月7日、日本の資産運用業界を変革したいとの思いから独立系のブティック・ハウス、つまり専門店型運用会社のパイオニアとして創業し、投資家の皆様に最高レベルの運用サービスをお届けすべく精進を重ねて参りました。結果として、国内外の機関投資家ならびに個人投資家の皆様を中心に多大なるご支持を賜り、今日では日本株式、米国株式、そしてマルチ・アセット運用を柱に、約2,750億円(2015年8月末現在)の運用資産をご契約頂く、我が国有数のブティック・ハウスへと着実な成長を遂げることができました。

この度、当社業務を横断的に連携させるエグゼクティブ・オフィスを新設することで、社内の情報共有を促進し、各業務の相乗効果を高めることによってサービス・クオリティの更なる向上を目指します。

また、同時に、金本 昌謙が執行役員に就任し、委託運用部、運用管理部、及びIT室を管掌致します。金本は、2010年9月入社以来、投資家の皆様と運用商品を繋ぐ運用企画業務に従事し、2013年4月に運用企画部長に昇格、その後、マルチ・アセット運用の責任者として委託運用部長を兼務しておりました。今後は、運用及び企画部門での経験を活かし、様々な顧客ニーズに対応できるよう、新執行役員としてミドル並びにバック部門を支えて参ります。

今後とも当社では必要に応じた組織改正及び人事異動を適宜行うことで、「顔の見える、そして真にクオリティの高いサービスを提供する」運用会社として、投資家の皆様のご期待に全力でお応えしていく所存です。

尚、新任役員の経歴は以下の通りです。

金本 昌謙:執行役員 委託運用部長

2001年 日本生命保険相互会社入社後、ニッセイアセットマネジメント(株)商品開発部にて、クオンツ戦略による運用商品及びストラクチャード商品の開発を担当。2004年からのUBSグローバルアセットマネジメント(株)でのクオンツ戦略及びデリバティブを利用した運用商品の開発を経て、2005年からは(株)みずほ銀行にて、自ら設計したクオンツモデルを用いた自己勘定トレーディング業務(国内外の債券先物及び通貨を対象)に従事。2010年9月 ベイビュー・アセット・マネジメント(株)入社、2013年4月 運用企画部長に昇格、2014年4月より委託運用部長を兼務し、2015年10月 執行役員に就任、現在に至る。1999年 東京大学経済学部卒、2001年 東京大学大学院経済学研究科修了(経済学修士)。公益社団法人 日本証券アナリスト協会検定会員(CMA)。著書『リスク限定型投信のすべて』金融財政事情研究会, 2002年9月。

以上

ページの先頭に戻る