ベイビュー・アセット・マネジメント

What's new

RSインベストメンツ社の株主変更に関するお知らせ

2015年12月21日

会社名:
ベイビュー・アセット・マネジメント株式会社
代表者名:
代表取締役兼CEO 八木 健
金融商品取引業者:
登録番号 関東財務局長(金商)第397号
加入協会:
  • 一般社団法人 投資信託協会
  • 一般社団法人 日本投資顧問業協会
問い合わせ先:
管理部 岩田 浩明 03-5210-3342

ベイビュー・アセット・マネジメント株式会社(代表取締役兼CEO:八木健 以下、「ベイビュー・アセット・マネジメント」)は、米国株式運用において創業以来提携するRSインベストメンツ(以下、「RSIM」)社より、2015年12月18日付けで、RSIM社の筆頭株主が、Guardian Investor Services LLC(以下、「Guardian社」)から、Victory Capital Management Inc.(以下、「Victory Capital社」)に変更となる旨の報告を受けましたので、ここにご案内申し上げます。尚、Victory Capital社のプレスリリース及び抄訳は、下記をご参照下さい。

RSIM社は、1986年にカリフォルニア州サンフランシスコで設立され、経験豊富なスペシャリスト・チームが、米国バリュー株式、米国グロース株式、インターナショナル株式、天然資源株式、及び債券等の分野で、徹底したボトムアップ・リサーチに基づく戦略を中心とした運用を行い、機関投資家、個人投資家、そして投資アドバイザー向けに様々なファンドを提供しております。

2006年にRSIM社の筆頭株主となったGuardian社は、主要事業である保険事業に経営資源を集中すべく、年初来、資産運用事業を行うRSIM社の株式売却を検討しておりました。そしてこの度、米国の資産運用管理会社であるVictory Capital社との間で株式譲渡に合意致しました。

Victory Capital社は、オハイオ州クリーブランドに拠点を構え、米国株式を投資対象とした複数の専門店型運用会社を傘下に持つマルチ・ブティック・ハウスです。米国中小型株式運用で長年の高い実績を誇るRSIM社をグループに加えることで、運用戦略のさらなる拡充を果たすことになります。なお、Victory Capital社の主要株主は、バリュー・アプローチによるプライベート・エクイティ(未上場株式)投資を行うCrestview Partners社です。Crestview Partners社は、金融サービス、メディア、ヘルスケア、エネルギー・セクターを中心に、競争力のある製品・サービスを持つ企業に投資を行い、経営の質を高め企業価値を拡大させる投資手法で実績を上げています。

尚、株主変更後も、サンフランシスコを拠点とするRSIM社の運用体制等に変更はなく、同社の運用戦略を採用する日本の公募投資信託(※)を含むRSIM社が運用する全てのファンドにおいて、従来通りの運用サービスを提供して参ります。

ベイビュー・アセット・マネジメントは、1998年1月7日に創業し、日本の資産運用業界を変革したいとの思いから、独立系のブティック・ハウスのパイオニアとして、弊社、並びにRSIM社を始め米国シリコンバレーにおける提携運用会社の優れた商品とサービスを投資家の皆様にお届けすべく精進を重ねて参りました。今後は、Victory Capital社傘下にあるRSIM社以外の運用会社が提供する運用サービスについても、日本におけるビジネス展開の可能性を検討していく予定であり、引き続き、投資家の皆様にとって魅力的な商品の提供に努めて参ります。

以上

※RSIM社が運用する投資戦略を採用している日本の公募投資信託

<抄訳>Victory Capital社がRS インベストメンツ社を買収

買収により、マルチ・ブティック・ビジネスモデルを拡大

2015年12月18日、オハイオ州クリーブランド - Victory Capital社とRSインベストメンツ(以下、「RSIM」)社は、Victory Capital社が、Guardian Life Insurance Company of America社(RSIM社の筆頭株主であるGuardian Investor Services LLCの親会社)及びRSIM社運用チーム・従業員と、RSIM社買収契約を締結したと発表しました。米国内外の株式運用に強みを持つRSIM社運用チームの買収によって、Victory Capital社は運用商品を補充し、マルチ・ブティック・ビジネスモデルを拡大します。買収後、Victory Capital社が運用・助言を行うミューチュアル・ファンド、ETF、機関投資家向けセパレート・アカウント等の資産額は、約540億ドルとなる見込みです。

サンフランシスコに本社を置くRSIM社では、資産クラス毎に専門チームがボトムアップ・リサーチによるアクティブ運用を行っています。RSIM社運用チームは、Victory Capital社の傘下に入った後も独立性を維持し、従来通りの投資プロセスで運用を継続します。RSIM社は、1986年の創業以来、リスク管理と徹底したリサーチを組み合わせ、顧客に優れたパフォーマンスを提供することで高い評価を得てきましたが、今後もこうした方針に変更はありません。

Victory Capital社の会長兼CEOであるDavid Brownは、「RSIM社が独立した運用を行うことが顧客にとって最善であり、運用の独立性を守るという方針をRSIM社と共有します。Victory Capital社の目標は、優秀な運用能力を持つ人材を獲得し、彼らに販売、オペレーション、テクノロジー等の面で最高のサポートを行うことです。RSIM社の持つ企業文化や投資戦略は、Victory Capital社の事業強化につながると確信しています。」と述べています。

一方、RSIM社CEOのMatt Scanlanは、「Victory Capital社が、RSIM社の持つ価値と将来性を評価してくれたことを光栄に思います。Victory Capital社のマルチ・ブティック・ビジネスモデルは理想的であり、同社サポートを受けて、RSIM社は次の成長段階へ飛躍できるでしょう。今回の買収は、RSIM社の顧客や従業員にすばらしい将来をもたらすと信じています。」と述べています。

そして、RSIM社グロース・チームのポートフォフォリオ・マネージャーであるScott Tracyは、「Victory Capital社は、経験豊富な運用チームを取り込み、運用チームの独立性を維持しながら、最適なインフラや環境を提供することで、リスクを抑制しながら優れたリターンを投資家に提供してきた力強い実績があります。また、Victory Capital社は、RSIM社の企業文化と非常に親和性があり、投資家の為にも今回の決定は賢明な判断だと考えています。」と述べています。

Victory Capital社とRSIM社は、顧客と従業員の利害を一致させる為、必要十分な株式を従業員が保有することで合意しており、両社の経営陣、運用チーム、そして従業員は、Victory Capital社の重要な株主となります。

買収後も、BrownがVictory Capital社の会長兼CEOを務め、取締役の変更もありません。

RSIM社が助言を行うミューチュアル・ファンドの株主及び理事会、そしてVictory Capital社の理事会の承認を含め、規制当局や関係者の認可・同意が得られれば、2016年第2四半期末までに買収が完了する予定です。

Victory Capital社について
Victory Capital社は、オハイオ州クリーブランドに本社を構えるマルチ・ブティック資産運用会社です。2015年11月末の運用・助言資産額は、約348億ドルです。
Victory Capital社は、独立した運用会社9社で構成されており、各社に独自の企業文化と投資アプローチがあります。Victory Capital社が販売やオペレーションを強力にサポートすることで、各社は運用に注力しています。
Victory Capital社は、企業、非営利団体、公的ファンド、従業員ファンドやサブアドバイザー事業者等の顧客に対し、投資助言業務を行っています。また、販売会社を通じて、個人及び退職者向けに、ミューチュアル・ファンドやETFの他、ラップ口座や個人向けセパレート・アカウントを通じた投資機会を提供しています。詳細については、当社サイト(http://www.vcm.com/)をご参照下さい。
RSインベストメンツ(RSIM)社について
RSIM社は、機関投資家、個人投資家、そして投資アドバイザー向けに様々な投資機会を提供しています。各専門分野に特化した投資プラットフォームを構築し、経験豊富なスペシャリスト・チームが、米国バリュー株式、米国グロース株式、インターナショナル株式、天然資源株式、及び債券等の分野で、規律ある投資プロセスと徹底したボトムアップ・リサーチに基づく運用を行っています。2015年11月末の運用資産額は、約189億ドルです。同社は1986年に設立され、米国のサンフランシスコを本社として、デモイン、アイオワ、ヴィラノヴァ、ペンシルベニア、香港、及びシンガポール等に拠点を置いています。詳細については、同社サイト(http://www.rsinvestments.com/)をご参照下さい。

本資料はVictory Capital社によるプレスリリースをベイビュー・アセット・マネジメント株式会社が抄訳したものであり、特定の取引や商品あるいは有価証券の勧誘ないし推奨を目的としたものではありません。また、本資料に記載された情報を使用することによりお客様または第三者が被った損害等を補償するものではありません。本資料と同プレスリリースとの間に内容の乖離がある場合には、同プレスリリースが本資料に優先します。本資料は目的の如何を問わず、その全部または一部をベイビュー・アセット・マネジメント株式会社の許可なしに複製・複写・転記する事、および第三者に開示する事を禁じます。

<本文>VICTORY CAPITAL TO ACQUIRE RS INVESTMENTS

Planned Acquisition Expands Multi-Boutique Business Model

Cleveland, OH, December 18, 2015 - Victory Capital and RS Investments (“RS”) today announced that Victory Capital has entered into a definitive purchase agreement to acquire RS from The Guardian Life Insurance Company of America (“Guardian”) and the investment professionals and employees of RS. RS’s experienced investment teams, specializing in U.S. and global/international equities, will serve as a strong complement to Victory Capital’s existing investment franchises and expand the firm’s multi-boutique business model. Following the all-cash purchase, Victory Capital is projected to have approximately $54 billion in assets under management and advisement and a diverse product platform that includes a broad range of mutual funds, ETFs and separately managed institutional accounts.

RS, which is headquartered in San Francisco, employs a research-driven actively managed approach with separate and distinct teams focused on specific asset classes. Victory Capital’s business model will enable the teams to remain autonomous and continue to employ their existing investment processes. RS, which was founded in 1986, has developed a strong reputation for delivering better client outcomes through a careful blend of risk management and deep research, principles that will remain in place in the future.

“We believe our clients are best served by autonomous investment franchises and RS shares our deep commitment to independent investment decision making,” said David Brown, Chairman and Chief Executive Officer of Victory Capital. “Our goal is to bring on exceptional investment talent and provide those professionals with best-in-class distribution, operational, and technology support. We are confident that RS’s culture and strategy complement ours.”

“I’m pleased that Victory Capital recognizes the inherent value and potential of our firm,” said Matthew Scanlan, Chief Executive Officer of RS Investments. “Their multi-boutique structure is ideally suited for us, and they have the ability to help take RS to the next level. We believe this transaction offers an exciting future for our team and for our clients.”

“Victory Capital has a strong track record of bringing on experienced investment teams and providing them with the right infrastructure and environment to maintain their independence and deliver compelling risk-adjusted returns to their clients,” said Scott Tracy, Portfolio Manager for the RS Growth Team. “We think it’s an outstanding cultural fit for RS and a smart choice for our investors.”

Mr. Brown will continue to serve as Chairman and Chief Executive Officer following completion of the acquisition. There will be no changes to the Board of Directors of Victory Capital Holdings, Inc.

The transaction, which is expected to close by the end of the second quarter of 2016, is subject to regulatory and other customary approvals, conditions and consents, including approvals by the shareholders and boards of trustees of the RS-advised mutual funds and the boards of trustees of the Victory Funds.

ABOUT VICTORY CAPITAL
Victory Capital is a multi-boutique asset management firm, headquartered in Cleveland, Ohio. As of November 30, 2015, the firm had approximately $34.8 billion in assets under management and advisement.
Victory Capital is comprised of nine autonomous investment franchises, each with an independent culture and investment approach. The franchises are supported by a robust distribution and operational platform, allowing them to focus solely on investment management.
Victory Capital provides investment advisory services to institutional clients including corporations, non-profits, public funds, Taft-Hartley and sub-advisory clients through separate accounts and commingled funds. Through its intermediary channel, Victory Capital also offers retail and retirement clients mutual funds and ETFs as well as separately managed accounts through wrap fee programs and access to its investment models through unified managed accounts. For more information, please visit www.vcm.com.
ABOUT RS INVESTMENTS
RS Investments offers investment management solutions for institutional and individual investors and the advisors who serve them. The firm’s specialized investment platform supports distinct investment teams, each utilizing disciplined and repeatable investment processes to deliver research-driven value, growth and alternative strategies in U.S. and global equity markets, as well as strategies in global natural resources(1) and fixed income(2). As of November 30, 2015, RS Investments managed approximately $18.9 billion on behalf of its clients. The firm was founded in 1986 and is headquartered in San Francisco, California, with principal offices in Des Moines, Iowa, Villanova, Pennsylvania, Hong Kong and Singapore. For more information, please visit www.rsinvestments.com.
(1)Sub-advised by SailingStone Capital Partners LLC.
(2)Sub-advised by a subsidiary of Guardian.
As with all mutual funds, the value of an investment in the Fund could decline, so you could lose money. Investing in small and mid-size companies can involve risks such as having less publicly available information, higher volatility, and less liquidity than in the case of larger companies. Investing in a more limited number of issuers and sectors can be subject to greater market fluctuation. Overweighting investments in certain sectors or industries increases the risk of loss due to general declines in the prices of stocks in those sectors or industries. Foreign securities are subject to political, regulatory, economic, and exchange-rate risks not present in domestic investments.
ページの先頭に戻る